RSS | ATOM | SEARCH
2016/11/07 Juice=Juice at 日本武道館

 ハロープロジェクト所属の5人組アイドルグループJuice=Juiceの日本武道館でのコンサート。武道館公演を目指して2015年6月から220もの単独公演を行うという過酷な目標を宣言、宣言を超える225公演行ってついに武道館の舞台に立つことになりました。自分は225公演中9公演に参加、ファイナルとなるこの日が10公演目の参加となります。またハロプロ関連の武道館コンサート参加が初めてとなりました。
 
 225公演行っている合間に、ハロープロジェクトコンサートなどの合同コンサートやシングルリリース関連のイベント活動、主演のドラマ撮影などもこなしていたのですから、本当に大変だったかと思います。いまだになんでこんな大変な量をこなす必要があったのか分かっていないのですが、いろんな山や谷を越えて無事この日を5人で迎えることができたのは素直にうれしい。
 
 1万人というとんでもない人たちで埋まっている客席見るだけで感慨深いものがありますね。チケットは売り切れで2階席後ろの立見席が追加で発売されていたよう。自分は1階席のスタンドでステージを真横に見る位置。できれば2階席真ん中高めの位置で多くのお客さんに見守られている彼女達を遠目に鑑賞したかったのですが、ここでも存分に楽しみました。アンコール含めて2時間45分。全曲フルコーラス(他のハロプログループには無い特徴)で25曲というパフォーマンスは突き抜ける楽しさがあった素晴らしい時間となりました。感想を。
 
 

続きを読む >>
author:de nudge, category:live(日本武道館), 23:36
comments(0), -
2015/11/06 クラムボン at 日本武道館

 バンドものでは一番ライブを見ているであろう、キーボード/ボーカル、ベース/ギター、ドラムの3人組の活動20周年を記念しての武道館ライブ。ドラム伊藤大助は武道館自体に入るのも初めてとか。平日18時スタートという休み取らないと厳しい時間帯で通常は行くの諦めてしまうライブなのですが、今年の春ツアーに参加できなかったので、これに行くしかないなと早めに予定押さえていました。アリーナ席の真ん中からやや後方くらいの位置で見ます。

 ステージには円柱形のビニールのカバーみたいなのが、楽器の周りを取り囲んでいます。そこに青色の光が当てられ水族館のような雰囲気の中、ライブスタート。今年発売した「triology」に収録されている最初のインスト曲「Lightly!」からスタート。何かが始まるような鼓動を感じさせるようなキーボード音から怒涛のリズムがかぶさってくるのですが、ここのドラム音にまずビビりました。この瞬間だけでもこみ上げてくるものがありました。カバーも徐々に上がって3人の姿がはっきりと見えるようになります。その後「aqua」という曲で再びカバーが降りてきたりしてました。

 そこからは「triology」中心に過去曲をほどよく織り交ぜます。ベストヒット的な選曲じゃなくて「triology」中心だったのがうれしい。このアルバムかなり好きでしっかりとライブで聞く機会が欲しかったので。ポップにはじける「Rough & Laugh」、三々七拍子の手拍子からスタートして、かわいらしいぶっきらぼうさと絶叫さが混じる原田郁子のボーカルが良い「the 大丈夫」と続きます。

 「aqua」は古いリズムボックスを良い音で鳴らすというものをスタート地点にして作った曲だそうで、それを武道館でまんまやっているのがすごい。そんなに武道館でのライブ見たことないので違うのかもしれませんが、ここでのライブは音の多少の悪さは我慢というモードで聞かないといけないなーと思っている中で、今回は抜群の音の良さ。後でも触れますが音の出し方にこだわりが感じられ、爆音でごまかすこともせず、どういった曲の展開でも耳が痛くなることなく音小さいと思うこともない、バランス良く感じられました。

 「noir」は原田郁子とミトとの掛け合いボーカルをしっとりと聞かせる曲で、間とベースラインのかみ合い方とともに良いなーと思える曲。最初クラムボンのライブ見た時にはミトはコーラス以外で歌うことは照れると言っていたと記憶していますが、今はソロボーカルを入れ込む曲もアルバム中1,2曲は必ず入るようになってライブでもいい声だなーと感じさせるボーカルを聞かせてきますね。「アルバム中、一番難しい曲です。3人のテンパっている表情とともにお楽しみ下さい。」と宣言してやった「バタフライ」は相当に早いリズムを軸に、次々と展開が切り替わるアレンジで歌われる曲で自分のような素人が見ても大変そうだなーと思えるもの。

 「Scene 3」はアルバムの中でのハイライトとも言える曲で、MOROHAというMCとギターのラップをするデュオを全面的に組み込んでいる曲です。ゲストとして彼らとチェロで曲に参加している徳澤青弦の3人が加わります。ミトはウッドベースに持ち替えての演奏。「この武道館でこの6人で披露することを想定して作った曲」とミトが宣言していたほどの気合入った演奏で、シリアスでドラマチックなアレンジに語り口調な感じのラップがはまります。自分もこの曲を披露するとしたら、この場だろうと思っていたので聞けてうれしかったです。

 「triology」以外の曲は「シカゴ」「バイタルサイン」「波寄せて」などの定番曲もありつつ、ひさびさに聞く曲も入れていました。とりわけ「君は僕のもの」「ミラーボール」「sonor」はうれしかったですね、ジーンときました。「ミラーボール」の夕暮れの情景を描いたような歌と、ライブオリジナルな展開のアウトロー的に続くインスト部分が素晴らしい。つんのめったリズムとロックな歌がかっこ良い「バイタルサイン」は歌入りの部分で突然キーボード音が鳴らなくなるトラブルが発生して、やり直しになっちゃいますが、そこが逆にバンドとお客に火がついた感があって盛り上がりも一際でした。

 原田は福岡出身、伊藤は北海道出身、ミトは東京出身ということで、ツアー回っていると福岡と北海道は凱旋公演的な位置づけで原田と伊藤におかえりーみたいなコールをもらったりするのですが、ミトは東京なのでそういったものが今までなく若干寂しかったよう(どこかのアイドルグループで聞いたことある話題のような)。ミトは武道館近くの学校に通っていたそうで、ここ武道館を凱旋公演としていいですか?との話を受けて、原田の音頭で「おかえりー」とお客から言われてうれしそうでした。

 本編最後にやった「yet」はバンドのバックに10人くらいの弦楽器隊(徳澤青弦もメンバーの一人として入る)と菅野よう子が指揮者として加わります。菅野よう子はお名前は聞いたことある、アニメや映画方面中心に曲を手掛ける有名な作曲家、編曲家の方でどよめきが上がります。あまり人前に出て来る方では無いんですかね。天津爛漫な感じで声が山瀬まみっぽいと思いました。彼女が踊りながら弦楽器隊を指揮し、そこにクラムボンの3人が前ノリなリズムをクールに演奏しつつ、そこに冷静な意志を貫くような歌がのっかります。弦楽器隊との重なりも良くて一曲だけというのは贅沢だなーと思える素晴らしいラストでした。

 アンコールはデビューシングル曲の「はなればなれ」、「triology」収録の「Re-ある鼓動」を男女コーラスを分けてラララララーラララララララララーと歌わせます。お客の層も男女半々くらいなので、良い感じでした。そして各メンバーがそれぞれ最後の挨拶で丁寧にメンバー、スタッフ、お客への感謝を述べた後、この日会場で発売になった「Slight Slight」で締めました。なんかThe Beatlesの「Yesterday」と思いだすようなタイプのバラード曲でこのタイプは珍しいなという印象。3時間弱に渡るフルボリュームなライブをしっとりと締めつつ、かつ次の活動(来年はミニアルバム手売りツアーをやるとか)を静かに見据えた演奏が素晴らしかったです。

 おまけです。
 

続きを読む >>
author:de nudge, category:live(日本武道館), 11:23
comments(0), -
2015/09/27 Perfume at 日本武道館
 デビュー10周年、結成15周年を迎えた女性テクノポップアイドル3人組のPerfumeの武道館でのライブ。前後10日間くらいで武道館中心にいろいろイベントなどやっている中で、この日はライブでした。

 時間は3時間近くに渡るもので、今回の印象としてはライブというより、ライブ付きのファンミーティングといった趣きでした。まだツアー残っているので、ネタばれはNGというお達しがあったので、ツアー終了後感想を追記します。

(2015/10/08追記)
 
続きを読む >>
author:de nudge, category:live(日本武道館), 21:20
comments(0), -
2010/03/27 木村カエラ at 日本武道館
 フェスなどでは何回か見たことのある木村カエラの単独ライブ。5周年でベスト版を出して、それに伴うツアー。
 
 自分がいた席は2階の一番後ろですが、ステージを正面で見れるので、距離感はあるものの見やすい。お客さんは若い層が多かったです。女性客の方が多い印象でした。メンバーはいつものベース、キーボード、ドラム、ギターにもう一人ギター(FOEなどで活動するアイゴン)が加わっていました。
 
 登場時からものすごい歓声。その時点でぞくぞくくる感じでしたねー。序盤と終盤は早めなビートのナンバーで、中盤はスロー、ミドルテンポのナンバーを固めていました。スクリーン映像やライトの使い方が非常に良く、会場を盛り上げるため、キレイに見せるためと多彩に見せていてそれだけでも相当におもしろかったですね。照明が暗くなって、ぱっとステージ向かって左側にスポットライトが当てられたところに突如ピアノが現れ、そこで木村カエラが「Butterfly」のイントロをしっとりと弾き上げる演出なんかも良かったです。
 
 多彩な作曲陣が、木村カエラの曲を提供していますが、それを見事に自分色に染め上げて歌います。いい曲多いなーと思わせられることしきり。特にこれで積極的に聞こうという気にさせられたきっかけとなった曲「You」は好きですねー。この曲を作曲したギターの渡邊忍はASPARAGUSというバンドでボーカル/ギターもされているようですが、木村カエラのバンドではバックとしての役をまっとうし、バックコーラスやステージをギター持ってところせましとかけめぐったりしてました。
 
 アンコールではスチャダラパーが登場して2曲「おどるポンポコリン」「Hey! Hey! Alright」行い盛り上げた後で、「Jasper」「Magic Music」「Level 42」で終了。
 
 途中のMCでCMの話がありましたが、その話題が全然分からなかったのがちょいショックでしたねー。ピンポイントでテレビを見るようになっているせいもあるのか、木村カエラが出ているらしいホットペッパーのCMネタを知りませんでした。。

author:de nudge, category:live(日本武道館), 08:30
comments(0), -
2008/02/22 Bjork at 日本武道館
 ひさびさの日本武道館、初めてのBjorkです。
 
 広い会場にびっしりのお客さん。ステージには旗がいろいろ貼ってあります。ライブ開始で10人ほどの管楽器隊が入場してきて、演奏開始。背中に旗を立ててる格好です。他に、ドラム、いろんな機械×2、キーボードという変わった編成です。
 
 機械のお二人が出すビートに、ドラムが重ねて、キーボードが色づけして、管楽器隊が盛り上げるというアレンジが多かったですが、キーボードのみでしっとりと聞かせたり、管楽器隊をビョークの周りに取り込ませて吹かせたりという、いろいろな聞かせ方をしてました。どのアレンジでもビョークの声はくっきりと聞こえてましたね。「unison」辺りの声の伸びとかにはジーンと来ました。セットは新譜「Volta」が多めだったと思いますが、前の曲もかなりやっていました。「Volta」と「Vespertine」「Debut」くらいしかアルバムは聞いていないので、知ってる曲は半分くらいでした。機械の出す音もいろいろあったのですが、グラウンドビートっぽいものや、「army of me」で聞かせた(なんていうんでしょう?)重低音たっぷしのビートなど、懐かしめの音もありましたね。
 
 会場の演出もたっぷしあって、レーザー光線やビョークが両手からくもの糸みたいなものを出したりと。ラストの「Declare Independence」では、紙ふぶきが大量に舞いました。この中でコーラス部分(ハイヤーハイヤーと歌う)に声上げたりして、浮かれました。この曲は「Volta」の中でも一番好きな曲(機械が出すのぶっこわれた感じの音がとてもかっこよい)でもあり、相当に高揚してしまいましたねー。
 
 この日はひさびさに有休を取って臨みました。せっかくの平日休みだからと、健康診断に行ったり、買い物したりといろいろしましたが、初めてルミネ・ザ・吉本にも行ってきました。ホンコンさんが死ぬほどおもしろく(新喜劇での出演で、いろいろ出てくる芸人さんをあれこれといじったり、ギャグを奪ったりと自由自在。ホントすごいです)、かなり感激しましたねー。そのおかげで、ビョークのライブ中もあのお顔が時々フラッシュバックしてしまいました。。
author:de nudge, category:live(日本武道館), 00:00
comments(0), -