RSS | ATOM | SEARCH
2018/07/13 Billy Martin at 池尻BPM

 Medeski,Martin & WoodのドラマーBilly Martinのソロ及び日本のミュージシャンとのセッション公演。Medeski,Martin & Woodは15年くらい前にライブ2回ほど見たことあって、随分久々。池尻駅からすぐの大きなカフェでの3日間の公演。その2日目に行きました。一つの壁側に楽器が大量に並べられており、お客はそれをぐるっと囲んで見る形。
 
 
 最初はBilly Martinのソロライブで30分ほど。5〜10分ほどで区切りつけていく即興での演奏。ドラムセット以外にいろいろな小道具も駆使します。ドラムセットにはネジや針金でできているような10センチくらいの棒が数本置かれ、それを普通にドラム叩く中で叩いていて異物感を盛り込みます。左足のシンバルでリズムキープしつつ、右足のバスドラ、両手は自在なリズムを刻んでいて、ドラマーなんで当たり前なのでしょうが、見ていてすごいなーと。小道具は民族楽器系統のものもが多いでしょうか。ホットサンドメーカーのような2つの金属をカスタネットのようにカチカチ鳴らして出す楽器を、ドラムセットの上のマイクに近づけて鳴らしたり。断片的な音の積み重ねや突如咆哮しての怒涛の叩きっぷりなど聞かせます。
 
 ドラムセット脇のテーブルにも大量の民族楽器が並べられており、そこに位置してスティックで叩きまくったりします。ガムランのように聞こえていて音階もついているでしょうか。ここの音もそうでしたし、マイクに小物を近づけたり離れたりして音出ししていて、奥行きある音を構築している場面が多々。弓で針金やシンバルをこすったりして倍音的な音出ししているのもそうでした。自由奔放さありつつも、流れあるストーリー建てられているような聞かせ方をしていて、リズムの楽しさを存分に味わいました。
 
 
 休憩挟んで日本のミュージシャンとのセッション。日替わりでメンバーが替わり、この日はドラムの芳垣安洋(ROVO、Orquesta Libre、MoGoToYoYoなど)、エレクトロニクスのIkue Mori、ベースのケイタイモ(WUJA BIN BIN)の3人が加わります。そして翌日参加予定でこの日はお客として見に来ていたボイスの巻上公一(ヒカシュー)も2回ほど飛び入りしていました。芳垣、巻上は過去ライブで見たことありますが、Ikue Moriとケイタイモは初めて。アンコール含めて70分ほどのセッション。
 
 序盤のケイタイモと芳垣はMartinを見ながら探り探りで音出ししていきます。Martinが小物を鳴らすと、それにあった同系統の小物を芳垣が鳴らしたりケイタイモが控えめなベースラインを出したり。芳垣はMartin以上にいろいろな打楽器や小物を持ち込んでいて、ドラムセット以外にジャンベなどのパーカッション類、一斗缶、たらいなど様々。芳垣がビリンバウ(大きな弓の形状の楽器を棒叩いてビヨンビヨンとした音を出すブラジルの楽器)を鳴らして、Martinがパンデイロ(ブラジル風のタンバリン)を叩くブラジル感ある展開のところは印象的。2人がドラム叩きまくりの場面は、怒涛のツインドラムとグルーヴィーなベースで疾走感ある場面なんかも作り出します。
 
 Ikue MoriはPCと小型の何かの端末使っての音出しでそれ見つつの演奏であまり周りに目を配ってないですが、音には反応したようにいろいろな電子音を聞かせます。派手さはないですが、刺激ある電子音でおもしろいなと。中盤以降はMartinも他メンバーの音感覚をつかんできたのか、その音を続けようとか、もっと出していこうみたいな指示を各メンバーに出していきます。ケイタイモと芳垣は楽器の演奏のみならず声も入れていく場面がありました。どこかの民族的な声を聞かせる芳垣、ホーミー(一人の声なのに複数の声が同時に聞こえるようなモンゴルの歌唱法)を聞かせるケイタイモと、おもしろく聞かせます。ゲストの巻上もホーミーが得意でその独特な唸り声を演奏陣とうまいこと重ねます。
 
 音出す楽しさが随所で味わえ、演奏しながら笑顔出し合ったりしていました。アンコールのセッション最後の方は芳垣がドラム叩く中、Martinが踊りながらシェイカー鳴らす場面なんかもあって、普段ドラム演奏している人が他人のドラムで踊ったりするなんてなかなか無いことだろうなーと。刺激ある楽しいセッションでした。
 

author:de nudge, category:live(Others), 10:10
comments(0), -
2018/07/08 GONNO×MASUMURA、トリプルファイヤー at 代官山UNIT

 DJがメインの活動のGONNOとドラマーの増村和彦(「森は生きている」という解散したバンドメンバーだったそう)が組んだユニットのGONNO×MASUMURAが「In Circles」というアルバムを発売したことを受けてのリリースライブ。ともに知らない方だったのですが、ダンスミュージックに生ドラム組んだ編成が好物で、かつ音源ちょろっと聞いたら良い感じだったので、ライブ行ってみたいなとこの日会場に向かいました。ゲストにトリプルファイヤーというバンドを迎えます。こちらも初めて。ともに1時間のライブで対バンとしては個人的に理想的な時間割と言える2時間半(セットチェンジに30分)でした。ライブ開始前後のBGMにはブラック系の音楽がかけられていました。Mountain Mocha Kilimanjaroの曲も2,3曲かかっていたような。順に感想を。
 
 
 初めはトリプルファイヤー。ボーカル、ギター、ベース、ドラムの男性4人組。この日はサポートでパーカッションが加わった5人編成。ということを後で知ったので、5人組バンドとしてライブ見てました。なかなか奇妙奇天烈なバンドでおもしろかったです。腰にくるアフロファンク的な横乗りのリズムを軸としつつ、54-71や空間現代などの系統と言いたくなる絶妙な隙間あるベースとドラムのやり取りがとってもスリリングで、それに呼応するギターのリフやパーカッションの重ね方もすごく好み。そうした演奏に挙動不審気味な動きでぶっきらぼうで高めの声で独白調に歌うボーカルの組み合わせがおもしろい。フラットな歌い方で、歌というよりもラップに近い感じ。内省的妄想的な歌詞を繰り返す歌い方が多く、歌を途中で止めた時にパンっとバンドのリズム構成が変わってそこからしばらく経つとまた歌を入れていくという展開の曲が多かったように思います。
 
 パーカッションは手で叩く打楽器もの以外に小物やスタンドドラムなども駆使して、リズムに相乗させる色付けや、そこから外れるズレを入れて聞かせたりして楽しい。曲の合間にボーカルが少しずつMCしていましたが、歌世界と同様に不思議トーク。「ここはネスト(渋谷O-Nest)みたい。」「今日のライブで初めてハーフパンツ履いてみた。人は生きていくと指輪はめたり余計な装飾をするけど、それは守りに入っていると思われるから、自分はなるべくさらしていく方向で。」「(サッカー選手の)本田圭佑を目指す」と。何を意図しているかわからないトークに他バンドメンバーは一切の反応をせず、次の曲の準備を淡々としているのもおもしろかったです。
 
 
 続いてGONNO×MASUMURA。PCやいろんな機械使って音出しするGONNOにイヤホンつけてドラム叩くMASUMURAが向かい合って演奏する形。全体的には統一感あるような世界観ながら、曲ごとにいろんなタイプで聞かせていました。きれいな電子音に、バスドラで4つ打ちしつつシンバルやスネアを細やかに叩いて電子音に相乗していくかのようにスピードアップしていくものや、硬質なテクノ感ある電子音にかなり複雑なリズムを繰り返ししていくものなど。曲によっては2年前に見たFloating Pointsのライブを思い出すような展開もありました。ドラムがシンプルな4つ打ちな叩き方は少なく、曲ごとに個性ある細やかな手数多いリズムで聞かせていたのがすごい。そして一定をひたすら刻むかと思いきや時々はずしを入れたり、曲の終わりに向けて盛り上がるようにより手数を多くしたりと。序盤はリズム取りに苦労しているかのような反応だったお客さんも、後半に進むにつれて反応が大きくなっていきました。
 
 本編ラストはパラパラとした電子音とドラムから始まって、アシッド感強い音が入ってそれにドラムが相乗するようにぶっとんだビートを聞かせて盛り上がりました。一旦引っ込もうとしますが、アンコールをすぐに求められ、じゃあと引っ込むことなくすぐに楽器に戻って演奏開始。最初はセッション的にさぐりさぐり両者笑顔で音を入れつつ、そこから曲に入っていくような聞かせ方をしていました。この曲終わって引っ込むも、またアンコールの声がやまず「すみません、もう曲がないので。。」と挨拶だけして終了しました。
 
 本編でも2,3回MCしていました。普段DJしているGONNOがしゃべるというのは相当珍しいのではないでしょうか。「普段深夜帯に活動していて、(通常の夜となる)この時間にステージ立つのは緊張します。」と。一人では間が持たないということでMASUMURAもMCに加わります。相当刺激的な音楽やっているお2人ですが、ともに温和でほんわかした喋り方。MASUMURAが「みんなには踊ってほしいですね。客席暗くて踊ってくれてるかステージからは見えないですが。(GONNOに向かって)みなさん踊ってくれてますかね?」という振りに、「わかんなーい。」と回答したGONNOの話し方が少しかわいらしかったです。今回のライブが2回目だそうですが、また音源しっかり聞いてからライブ見てみたいです。

 

 

author:de nudge, category:live(Unit), 22:17
comments(0), -
2018/07/04 チャットモンチー at 日本武道館

 今月末の地元徳島での自主開催フェスで活動を「完結」する2人組チャットモンチー。最後の単独ライブとなります。自分がチャットモンチーを見る最後のライブとなります。また、先週発売したアルバム「誕生」を受けての数少ないライブでもあります。武道館は超がつくほどの満杯。ステージ裏の客席まで開放されて、そこにも人人人。2階席の立ち見含めて人が埋まり尽くされてます。自分は2階席後方でステージを横から見る位置から見ました。アンコール含め2時間半のライブは、予想以上に凝った構成でやりきった感、、というかこうくるかのやりやがった感ある素晴らしいライブでした。客層は20〜30代中心でしょうか。男女半々(若干女性多めかな)といった感です。会場周辺はチャットモンチーTシャツ着た人がものすごくそれだけでワクワク感が。感想を。
 
 

続きを読む >>
author:de nudge, category:live(日本武道館), 12:47
comments(0), -
2018/07/01 sora tob sakana at 東京国際フォーラムC

 お馴染み4人組アイドルグループsora tob sakanaの公演。この日は結成4周年記念ワンマンライブ。去年の3周年記念ライブは700人ほどの渋谷WWW Xでしたが、今回倍以上の1500人のホールでの開催となりました。さすがにチケット完売とはならなかったですが、かなりの入り。「1周年ライブの10倍だよ。信じられない。」とMCで言ってましたが、確かにすごいものがありますね。
 
 おまけに昼と夕方の2回公演。いつもはオケ流してのライブですが、この日はバンドセットでのライブでした。大きなホールを使って映像、光の演出もたっぷりとなされます。かっこよいバンド音に浸りつつ、広いステージに楽しさ満面でパフォーマンスする4人は素晴らしかったです。それぞれ1時間45分とフルボリュームのライブをセットや演出変えて見せてきたのもすごい。1回公演観ただけでも充分満足できるレベルで、かつ2回公演見た人はその違いを楽しむことができたのではないでしょうか。2回公演まとめて感想を。
 
 

続きを読む >>
author:de nudge, category:live(東京国際フォーラム), 23:30
comments(0), -
2018/06/24 こぶしファクトリー at 長野 CLUB JUNK BOX

 長野滞在2日目。当初は土曜だけの日帰りを考えていたのですが、後からハロープロジェクト所属の5人組こぶしファクトリーのライブが日曜日の長野で行われると発表されて、迷ったのですがせっかくだし、ということで1泊してライブ参加することに。1日2回公演の1回目に参加。250人ほど入れば一杯のライブハウスでほぼ最後方。ほとんどステージ見えない位置で見ました。このライブハウスは3年前にアンジュルムのライブを見に来て以来。
 
 こぶしファクトリーは前日に石川県でライブしてきたそうで、奥田民生(土曜が長野県で日曜が石川県でホールコンサート)と入れ替わりの形になりますね。ハロープロジェクトなどの複数組出演のコンサートや、音源発売に伴う30分ほどのミニライブなどではよく見ていますが、単独ライブとなると2年ぶり2回目。その時は8人組で、現在5人組とメンバー減っていますがライブは2年前見た時よりも格段に良くなったという印象で、かなりウキウキと見れました。2年前も後方で見ていてその時の周りは傍観者モードの人が多かった記憶ありますが、今回は後方の多くのお客さんも飛びまくり歓声上げまくりでライブハウスらしい盛り上がりでした。感想を続きで。
 

 

続きを読む >>
author:de nudge, category:live(Othersライブハウス), 22:34
comments(0), -