RSS | ATOM | SEARCH
2017/09/20 Telefon Tel Aviv、toe at 代官山UNIT

 アメリカ・シカゴで活動するTelefon Tel Aviv。元々男性2人組ですが、1人は亡くなられたそうで現在は1人でのみの活動。11年ぶり2回目の来日とか。その11年前、山中湖湖畔の会場で行われた野外フェスで見たの覚えています。それ以来の来日になるんですね。
 
 この2組の出演でまずは日本の男性4人組バンドのtoe。ギター×2、ベース、ドラムの編成。フェスで良く見るバンドで、曲の半分くらいでキーボードの中村圭作が加わります。最初と最後の曲のみボーカル付き、後はインスト曲で1時間といったライブでした。まずはギターの1人だけ登場して酔いどれモードでMCします。自分が住んでいたところと同じ場所に住んでいる人に対しては何らシンパシーは感じないけど、Telefon Tel Avivを聞いた時にシンパシーを感じた、みたいな話を。その話の流れから「グッド・バイ」を歌います。他のメンバーも登場し、本格的に演奏開始。
 
 情緒あるギターフレーズを随所に入れつつ、静と動の対比が鮮やかに描かれるようなダイナミズムある展開がある曲に一番おおーっとなる印象があるバンドで、この日ラスト一個前にやった曲なんかはまさにそれで、もう本当すごい、一瞬のブレイクでドラム柏倉隆史が立ち上がって咆哮、そこから怒涛のドラム連打の迫力はすさまじいものがありました。ただ、この日はそういった曲は少なめ。軽快さあるリズムに端正な2つのギターの響きがからんでいくような、テクニカルな面が強調されたような曲が多かったです。この辺はもしかするとtoeがTelefon Tel Avivを知った2000年代の頃の曲が多かったんでしょうか。確か2000年半ばくらいにtoeの曲を初めて聞いた時の印象が、こういった曲だったかなーという記憶があります。と、書いていて、最近の曲ばかりだったらすみません。
 
 
 続いてTelefon Tel Aviv。機材を使っての音出しをしながら、時折マイクで声も入れるスタイルのライブ。「Fahrenheit Fair Enough」という音源を持っていて聞いていますが、その音世界とは随分と異なるもの。またうっすらとした記憶ですが、2006年のライブとも印象が異なるライブでした。1時間20分ほどのライブ。
 
 まず最初の15分くらいはリズム一切無し。不穏感ある低音と揺らぐようなノイズで構成された音を出します。真っ黒な雲の中を飛行機がグラグラと揺れながら飛んでいるようなイメージに捕らえました。ステージは暗いのですが、時々客席後方からライトが照らされ、顔や後ろのスクリーンが浮かび上がります。それと音も同期取るかのように、光指すような変化を聞かせている場面もありました。マイクで持続的な声を出して、それを加工して聞かせます。そしてアブスクトラクトヒップホップなビートがようやく出てきます。ここの最初の展開が一番ぐっと来ました。
 
 その後は不定形、複雑なビートをあれこれと入れ込みます。上音をループさせてリズムを細かめに入れてくる展開なんかもありました。そして時折歌うのですが、音に吸い込まれていくような奥行のある声がいい感じ。歌がより前に出てくると、リズムは四つ打ちになったりもしていました。緩やかな変化をいろいろと聞かせて1時間くらいで一旦音を止めて挨拶します。事前に勉強してきたと思われる日本語による長めの挨拶で、発音もキレイでした。
 
 そしてそこからリズム無しのものと不定形リズムものの曲を10分ずつ聞かせて終了します。恐らく本人にとってはこれがアンコール部分に相当する演奏だと思われます。以前、同所で見たThe Fieldのライブも同様な進め方でした(ステージ袖に引っ込まずに挨拶のMCして、曲にすぐ入っちゃうスタイル)。客席の喝さいとアンコールを求める手拍子が、客電ついてもしばらく鳴りやみませんでした。手拍子が鳴りやまないので、本人がステージに上がって再度挨拶だけして無事に終了。日本ツアー初日だそうで、この後野外フェスにも出るそう。日中、夜の暗闇、どちらでもおもしろく聞けるだろうなーと。
 

author:de nudge, category:live(Unit), 23:29
comments(0), -
2017/09/17 お笑いライブ 徹座3 at 有楽町よみうりホール

 俳優の渡辺徹がプロデュースするお笑い公演。毎年やっていて今年で3回目になるそう。初参加。ラインナップが自分好みのお笑いさんが揃っていて、これは行ってみたいとチケット抽選に申し込み当たりました。1100という座席数が満杯。
 
 渡辺が司会で出演者がネタを10〜15分くらい、その後トークコーナーが10〜15分あるという構成。トークコーナーは笑いと関係ないことをあえてやるということで、各メンバーの泣ける話を紹介していました。トップバッターを務めるなすなかにしは、その後のトークコーナーで渡辺のアシスタント的にずっと出ていました。前半と後半の間に15分休憩をはさむ3時間公演と予告されてましたが、終わってみればなんと4時間超え。。それでも全く飽きることなく最後までめちゃくちゃ笑わせてもらった楽しい公演でした。
 
 司会の渡辺も各グループと普段から交流があるそうで、リラックスしたやり取りしつつ、事前に用意していた小ネタも随所に見せて、笑いを持って行ってました。今年1月に見た三宅裕司のライブでも思いましたが、ベテラン大物芸能人が持つ懐の深さ、人格者っぷりが伝わってきますね。また渡辺の奥さんでもあり、同じく大物芸能人である榊原郁恵は裏方として奔走していたそうで、舞台裏であれこれと動いていたそう。唯一表に出たのは開幕前の注意アナウンスのみで、声だけの出演という。また、休憩時のアナウンスは息子の渡辺裕太が務めていました。渡辺裕太は2月に町田へJリーグの試合見に行った時に会場外でトークショーをしており、その姿をちらっと見たことあります。
 
 
出演順は、
 なすなかにし→ポカスカジャン→カミナリ→サンドウィッチマン→ナイツ→中川家→ますだおかだ→TKO
 
でした。ポカスカジャン、カミナリ、ますだおかだの3組を生で見るの初めてです。カミナリ、ますだおかだはテレビで見ていて、いつか生で見たいなと思っていました。前にライブ見たことある5組も全て好きなグループで、自分の理想のラインアップが揃った場とまで思いました。ここに最近好きなプラスマイナスも加われば、個人的にはさらに完璧でした。順に感想を。長くなったので続きで。
 
 
 

続きを読む >>
author:de nudge, category:舞台・お笑い, 16:55
comments(0), -
2017/09/13 sora tob sakana at 恵比寿CreAto

 お馴染み4人組アイドルグループsora tob sakanaの月2回行われている定期公演に行きました。平日の方に参加するのは初めて。当日券で入れましたが、会場は休日開催並みに多くのお客で埋まっています。ステージ後ろの映像も効果的に使っての公演ごとにコンセプト決めてのライブ。今回は数曲バンドをバックにアコースティックセットでやることが宣言されていました。
 
 まずは4人が登場して2曲歌います。未音源曲の「秘密」「Brand New Blue」。メンバーががっつり見える位置ではないですが、跳ね系のダンスをしながら歌う様が良い感じでした。そしてアコースティックセットということでバンドメンバー呼び込みます。sora tob sakanaのプロデューサーでもある照井順政(ギター)含めたハイスイノナサから3人。照井、森谷一貴 (キーボード)、佐藤香 (パーカッション)です。楽器をセッティングしている間に、風間玲マライカがバンドメンバー紹介を。
 
 「もるりん、かおりん、、てるいです!」とプロデューサーさんだけ呼び捨て、、すぐに「うそ、てるいさんです。」と訂正していましたが、その後も「てるいさんやせたって言ってるけど、まだ太ってますよね?前はもっとひょろひょろだったのに。」と容赦無い口撃が続きます。そんな照井さんは淡々とセッティング、風間は森谷に話を振ってインタビューしていました。森谷のお子さんがとにかくかわいいという話題など。
 
 セッティング終了して、アコースティックセットスタート。4人は立ち位置から動かず歌います。「帰り道のワンダー」「tokyo sinewave」「夜空を全部」の3曲。照井はアコースティックギター、森谷はキーボード、佐藤は「帰り道のワンダー」と「夜空を全部」はカホンとシンバルで、「tokyo sinewave」は鉄琴を演奏していました。「帰り道のワンダー」と「夜空を全部」は原曲のイメージありつつ、軽やかさあるいかにもなアコースティックなアレンジで聞かせていました。普段は儚げなボーカルが多い山崎愛が、「帰り道のワンダー」で力強く歌っていたのが印象的。
 
 びっくりしたのが「tokyo sinewave」で、曲始まりに客席からどよめきが起きてました。原曲は不連続さある電子音で構成されたトラックで、それを生演奏バージョンでやったのがすごい。鉄琴の音が効果的で、アコースティックギターとのからみも良いです。複雑なアレンジでよくあの演奏の中sora tob sakanaのメンバー歌えるなーと。1コーラス目ではつまびくように弾いていたアコースティックギターの音が、2コーラス目で力強いリフに変わったところとかドキドキして聞いてました。
 
 3曲歌い終わって、緊張していたメンバーが一安心して感想が飛び交います。「tokyo sinewave」はメンバーにとってもチャレンジングだったようで、神風花は「練習で最初アレンジ聞いた時は(演奏が)間違っていると思った。」ほど、原曲とは違うものになっていました。照井も「あれは歌うのむつかしいと思った。でもみんな最初から歌えていた。」とメンバーを誉めます。
 
 ラストはPCからのトラックで2曲「まぶしい」「夜間飛行」を歌って締めました。半年くらい前の定期公演で見たアカペラもおもしろかったですし、いろんな聞かせ方をするの良いですね。自分はまだ見たことないのですが、メンバー自身が演奏するなんてことをやったりする回もあるそうで、それもいつか見てみたいです。
 
 

author:de nudge, category:live(CreAto), 22:43
comments(0), -
2017/09/09 ハンバート ハンバート at 日比谷野外音楽堂

 女性ボーカル、男性ギター/ボーカルの2人ユニットであるハンバート ハンバートのアルバム「家族行進曲」発売に伴うツアー。ツアーのほとんどは2人のみの編成でやっているようですが、2,3箇所ほどはバンド編成のライブをやるようで、この日がそうでした。チケット売り切れで立ち見が出るほどの盛況っぷり。
 
 ライブの構成は2人のみの時と同じで、合間に15分ほどの休憩がある2部構成。1部は2,3曲ごとにMCタイムがあるリラックスさせて聞かせるセットで、2部は冒頭のみグッズ紹介兼ねたMCコーナーがある以外は一切MCせず、歌を集中して聞かせていくというのもこれまでと同じ。アンコール含め2時間15分ほどのライブは良い歌に浸りきった時間となりました。
 
 バンドセットを見るのは初めて。ハンバート自体も久々にやると言っていました。スティールギター/バンジョー、ギター、キーボード、ドラム、ベースの5人をバックに従えます。キーボードはエマーソン北村(THEATRE BROOK)、ドラムは坂田学でした。坂田のドラムを聞くのすごい久々です(かつてPolarisやOrquesta Nudge! Nudge!のメンバーでした)。アルバム「家族行進曲」の1曲目でもある「雨の街」からスタート。このアルバムで一番好きな曲で、自分が知っている曲(2年前くらいからハンバートのライブ見るようになった)では、フォーク/カントリー/アイリッシュトラッドがメイン要素な曲が多い印象で、この曲はゆったりほんわかな味ありつつもアコースティックギターのリフやキーボードのキレあるロングトーンなどがロックしていて珍しいなーと思ったタイプの曲で、かっこよい。
 
 その後1,2曲はバンド編成のまま歌いますが、それ以降はバンドメンバーは引っ込み2人のみで前半は通していました。佐藤良成はギター以外にもバイオリンやキーボードで音出して佐野遊穂の歌を引き立てます。佐藤自身が歌う曲もふんだんにあり、マイク1本で2人寄り添うように歌う曲もいくつか。後半は全てバンドセット。後半最初の曲は佐野が普段歌う曲よりも声を高めにかすれるように歌う「真夜中」。バンド音の中に時々消えていくような儚さを覚える声が印象的な曲。バンドもいろいろなアレンジを聞かせていて、ゆらぎあるキーボード音からスタートした「ぼくのお日さま」なんかも2人編成とは違った味で良かったです。
 
 意外なカバーもあって、ウルフルズの「SUN SUN SUN'95」をやってました。野音という場に合ってますね。後半ゆるやかな曲調ながらリズム取れる盛り上げ曲中心のセットのところに入れていました。この辺りからこれまで座っていたお客が徐々に立ち上がって、本編最後では総立ちになって盛り上がります。「おいらの船」とあと何の曲か忘れちゃいましたが、曲の中で「一週間(ロシア民謡)」や「I Want You Back(The Jackson 5)」の1節を歌ったりして、おもしろく聞かせるポイントもふんだんに。アンコールはバンドセットで1曲、最後は2人のみで「おなじ話」を厳かに聞かせて締めました。
 
 
 MCで覚えていることを。住んでいる借家の更新をしに不動産屋へ佐野が行った時の話。その不動産屋は昔ながらの雰囲気が漂うお店でおばちゃん社員が3人いた。更新する時にガス管の調子が悪いから取り替えて欲しいようなことを言ったら「うちもそうなのー」「あーうちもー」と話がリレーしていき、うやむやにされちゃったとか。
 
 佐藤は「ライブの前にはごはん食べない方が良い」と決心して、このライブに向けて前々からスタッフに「俺の分の弁当いらない」と伝えていたそう。それなのにライブ当日おなかすいちゃったらどうしよう、と不安になっちゃったそうで、家の中から非常食を取り出して持ってきたり、さらに会場に向かう途中でそれだけだと足りないかも、、と考え駅の売店でカップの味噌汁を買おうとしたとか。そして駅の売店には売ってなくてガッカリしたそう。
 
 佐野は3,4ヶ月前くらいから地方にライブしに行くときに持っていった方が良いリストを付け始めているとのことで、その一部を発表していました。福岡の海辺のフェス(Sunset Liveですね)や沖縄へ行く時は砂浜を歩くので「ビーチサンダル」。広島と金沢へ行く時は「着替えを多めに」。広島は鉄板焼き屋へ行くのでにおいがつく、金沢はいつも行くお店がたばこ臭いのでにおいがつくからだそう。山が会場のフェスは車に揺られるので「酔い止め」と。こういった物のチェックリストも作ったりしているようですが、「チェックすること自体を忘れるので、結局忘れてしまう。」とのことでした。。

 

author:de nudge, category:live(日比谷野音), 23:02
comments(0), -
2017/09/08 Little Creatures with 原田郁子 at Billboard Live TOKYO

 去年はデビュー25周年、今年は結成30周年という節目を迎えてライブ活動しているLittle Creatures。今回はクラムボンの原田郁子を迎えた編成となります。この編成で今年のフジロックにも出ていますが、時間合わず見れなかったので、この日に参加。1日2回公演の1回目に参加。ギター/ボーカル、ベース、ドラムの3人編成。ベース鈴木正人はこのバンドではキーボードを弾くこともあったりしますが、この日はベースのみ。エレクトリックベースと縦のベースを曲により使い分けていました。ギターの青柳拓次は一本で通していました。アンコール含め1時間20分ほどのライブ。
 
 前半5曲をLittle Creaturesのみで、後半5曲を原田郁子を迎えてという構成。まず、Little Creaturesのみの5曲では日本語曲3曲入っていました。英語曲ばかりだったLittle Creaturesが、去年出したアルバム「未知のアルバム」で日本語曲にも取り組み、そこからも歌います。曲の流れも違和感無し。端正さある音で、そこかしこに凝った要素があるのでポストロック的な聞き方もできるのでしょうけど、アメリカンロックな味わいの方に惹かれます。甘さと渋さが程よく混じる声で歌うメロディに、それをいろいろな隙間を作りつつ、歌心を引き立てるようなアレンジの組み合わせが良いです。「絡めとられて」「かんちがい」辺りをやっていたかと思いますが、曲の中でいろいろ展開替わっていくアレンジの楽しさがありました。5曲目は定番曲「mosquito curtain」。毎回アレンジを変えていくのがおもしろく、今回中盤でひずんだ感じでぶっとく聞かせるベースソロを聞かせていました。
 
 後半は原田郁子を迎えます。原田は曲によりキーボードとピアノを使い分けます。最初にやった曲はクラムボンとしてもカバーしたことあるLittle Creaturesの「Four in the Morning」。青柳の声にコーラスつけるような感じで原田は歌い、その声の重なりもいい感じ。クラムボンの曲からも一つ「バイタルサイン」をやっていました。オリジナルとは全然違うアレンジで、最初の1コーラス目はギターとドラムのみでレゲエタッチなリズムのゆったり感ある中で原田が歌います。ドラムの栗原務がコーラスで随所に声を重ねてきて、それもオリジナルとは違った味わいになっていて良かったです。サビの途中からベースとキーボードが加わってきます。2コーラス目もそのリズムは持続しつつ、だんだんとひずんだ音を入れてきて最後の方はノイズまじりのどーんとした音の中、原田の歌が響いて音が収束。最後は青柳のしっとりとしたギターの音のみで「刻むバイタルサイン」と最後のフレーズを歌うのがはまっていました。オリジナルとは違い2回そのフレーズを歌っていたのも印象的。
 
 本編最後は「house of piano」。ハウスな4つ打ちリズムに、端正な歌と音がほんのりとした変化をしていく様がかっこよい必殺曲で、今回原田が印象的なリフを曲名通りにピアノで弾いていたのがつぼでした。アンコール最初は原田のソロ曲「銀河」を歌います。忌野清志郎と作ったというこの曲は、レコーディングにLittle Creaturesが参加したそうで、その時に「3人揃っているメンバーに初めて会った」と原田は(確か)言っていました。そして原田は退場し、Little Creaturesのみで一曲。その曲は知らない曲でしたが、軽快さあるリズムが心地よい締めにふさわしい曲でした。

 

author:de nudge, category:live(Blue Note,Cotton Club,Billboard,etc), 13:01
comments(0), -