RSS | ATOM | SEARCH
2017/05/21 ロアッソ熊本 at ジェフユナイテッド千葉

【結果】
 1-1で引き分けでした。
 
【感想】
 前述の恵比寿と海浜幕張でのライブを見てから蘇我まで移動。ジェフユナイテッド千葉の本拠地、フクダ電子アリーナに向かいます。千葉の試合を生で見るのは今シーズン2回目。バックスタンドでの観戦。今年から就任したフアン・エスナイデル監督が推し進めるハイライン戦術は結果こそ伴わないものの、見てて楽しい試合ができるようになりました。浅いラインで積極的にオフサイドトラップをかける、オフサイド潜り抜けた選手のケアはGK佐藤優也がペナルティエリアも飛び出して果敢に防ぐ、攻撃はその分人数かけてサイド中心に攻め込むというスタイルは構築できてきた感あります。
 
 このスタイル導入は比較的うまくいっていると思うのですが、いかんせんゴールが奪えない。(この試合含む)15節終了時点でのシュート数はJ2で1位、ただ決定力が無くチーム得点数は10位。守備に関しては元々リスクあり過ぎなスタイルな割には被シュートが中位くらいの10位で、被失点がさらに下位の14位なのは仕方ないでしょうね。シーズン開始時は3-5-2でしたが最近は4-3-3にしているようです。この日はGK佐藤、DFが右から山本真希、岡野、近藤、キムボムヨン、アンカーの位置に熊谷、インサイドMFにアランダと高橋、3トップは右から船山、指宿、清武という布陣。3トップは清武と船山が左右ワイドに張って、中盤のインサイドMFとサイドバックを使いながら攻めあがる形で、ハイラインとも併せ持って1990年代ズデネク・ゼーマン監督が率いていた頃のラツィオ(イタリアのリーグ)を思い出します。ゼーマン監督のスタイルが大好きでそれと似たスタイルのサッカーが生で、しかも応援しているチームで見れるのがうれしい。
 
 対する熊本はオーソドックスな中盤台形の4-4-2。熊本はシンプルな3ラインをキープして複数人数でボール保持している選手を囲ってボール奪い2トップに当てて中盤が攻めあがるもの。2トップの内の1人は常にアンカーの熊谷をケアして守備してました。
 
 試合開始10分くらいは熊本優勢。中央のFWがシンプルにはたいてサイドに展開する攻めが機能して千葉陣内に押し込みます。そこを耐えてからは千葉優位になります。キム、高橋、清武の左サイドの推進力高く前線にボール運ぶようになっていきました。右サイドは船山のトラップミスなんかでうまくいかない場面あったりと不調。高橋はキムと清武の間でうまいことバランス取れた動きをして2人の上がりをサポートしていました。自分自身でも前線に飛び込むような変化付けた動きが少なかったのが少々物足りないかなと思いつつ、堅実な役割を求められているのでしょうか。
 
 もう1人のインサイトMFのアランダは自在な動き。熊谷をフォローするかのような守備を見せたかと思いきや、前線への飛び込みもしたりしてボールを活性化させてました。アンカーの熊谷はセンターバックの一つ前中央にほぼ常に位置しており、スペースを作らせないようにしていました。ボールさばきについては左右に散らすショート、ロングのパスで時折うまく展開させていました。ただ、周りがあまり見えていないのか、あっさりとボール取られてピンチ招いていたりとか、後ろからボール追いかけても全然追いつけない(センターバックの2人より足が遅いような…)とか、縦パスの少なさとか物足りない動きも目立ちます。
 
 前半は千葉優勢のまま0-0で終了。右サイドの動きが不満なのか、後半開始時点で2人交代。船山に替えて菅嶋、アランダに替えて町田を投入します。その2人のコンビで右サイドを切り込む動きを見せて良いムード、、と思いきやあっさりと熊本に先制点を許します。ボールが守備ラインの後ろにこぼれたところを、千葉の守備ラインより前にいた熊本FWのグスタボが拾ってゴール前に突進、シュートを突き刺します。副審がオフサイドの旗を上げていたので、ミスジャッジだと千葉の選手が猛抗議しますが認められません。後で映像見たら千葉の選手の清武がキックしたのが後ろに流れたので主審の判断が正しく、オフサイドではないですね。千葉応援団のブーイングもすごかったですが、会場のスクリーンにその映像流しておけば誤解が解けたのになーと思いました。
 
 ここから千葉が一層ギアを上げて攻めたてます。右サイドバックの山本に替えてFWラリベイを投入。菅嶋が右ウィングバックに入って、町田を左ウィングバックに位置させた3-5-2的なフォーメーションを使ったりして、2トップへなんとかボールを運ぼうとします。必死に守る熊本の守備を破ったのは80分過ぎ。左サイドの町田が浮き球をペナルティエリア内の指宿へ通します。センターバックを背負いながらボールをキープした指宿は、右横にボールを少しドリブルした後にすばやく右足を振りぬき強烈なグランダーシュートを突き刺します。身長が197cmと巨漢な指宿は体格を生かしたボールキープに優れていて、かつ1対1も積極的に仕掛ける姿勢が良いですね。
 
 その後も千葉は攻めますが、残念ながら点取れずそのまま終了しました。現時点で13位と下位の方になっていますがJ2は混戦状態で、まだ1位との勝ち点は10しか差が無いので挽回するチャンスはあります。千葉がJ2に落ちてから苦手としている夏にこれから入るのですが、このチームでどうなるか。良いなと思うのはここまで長期離脱する選手がいないこと。ケガで何試合か休む選手はいても数ヶ月離脱という選手はいないと思われます。コンディショニングがうまくいっているのであれば、ここからは期待持てると思っています。
 
 なんとしても得点力を上げたいところですが、現段階ではいろんな選手の組み合わせを試している段階で、最適なメンバー組み合わせがいつ見いだせるか。指宿を使うのであればもうちょっとシンプルに彼にグラウンダーのパスを通してキープさせて、中央前線に他選手が上がってからんでいく攻撃を見せても良いような、今はちょっとサイド攻撃にこだわり過ぎな感じがあります。あと、コーナーキックでショートコーナーを何回もやっていましたが、やりすぎな感じがありました。熊本守備陣も読んだ動きをしていて、守りやすかったと思います。
 
 と、もっと順位を上げて欲しいなーと思いつつ、ちょっぴり正直に言うとこのサッカーが見れるのがまず何より楽しい、少なくともJ2になってから一番見てて楽しいサッカーをしているので成績が伴わなくても良いかも、、と思って見てしまっている自分もいます。何よりGK佐藤の動きを見ているだけでめちゃ楽しい。かつてラツィオで活躍したマルケジャーニを思い出すようなパフォーマンスが生で見れるだけで興奮します。

 

author:de nudge, category:Jリーグ, 23:18
comments(0), -
2017/05/21 sora tob sakana at 恵比寿CreAto

 この日はライブとサッカー観戦のはしご。まずはお昼に4人組アイドルグループsora tob sakanaの月2回行われている定期公演に行きました。ステージ後ろの映像も効果的に使っての公演ごとにコンセプト決めてのライブ。今回はいつもの衣装でなくグッズとして販売されているTシャツ(初夏バージョンとのこと)を着ての公演でした。下は私服を着ているようで、風間玲マライカは制服っぽい紺色のプリーツスカート、神風花と山崎愛はショートパンツ、寺口夏花はサロペット。寺口さん曰く「足出したくない」ので選んだそう。
 
 VJが出すキレイな映像と小さいライブハウスならではの音圧体感しながらの1時間ほどのライブ。4人のダンスと歌も見る度に完成度高くなっていくようで毎度ワクワクして聞けます。最近意欲的に取り組んでいるハモリやコーラスワークも曲によって入れてきて、どんどん聞かせるようになっています。曲はアルバム「sora tob sakana」と「cocoon ep」から万遍なくといった選曲。最近締めにもってくることが多い「夜間飛行」で今回も締めていましたが、他に「クラウチングスタート」「夜空を全部」「夏の扉」辺りも締めの曲としてふさわしく、選択肢多くて良いですね。今回「クラウンチングスタート」は一発目でした。
 
 今回個人的ハイライトはラスト近くの「透明な怪物」「夏の扉」の連チャン。ほぼ直立で静かに聞かせる「透明な怪物」を歌い終わった後、静かにメンバーが移動。曲が終わって小さな効果音的なものが鳴る中、メンバーの澄んだ表情と静かな雰囲気をお客さんは察して拍手を入れず固唾を飲んで見守って次の曲を待つ場面が(お客さんともども)お見事でした。そしてこの日もう夏になったかの暑い日で、この曲は聞きたいなーと思っていた「夏の扉」が来て見事にはまった感があって良かったです。MVのイメージにあるような、夏のカンカン照りの中に感じるちょっとした切なさ、ノスタルジーみたいなものをギターロックで表現する曲は、何回聞いても良いなーと。表情豊かに歌う神はこの曲でも冴えていました。あれだけ1曲の中で表情を変化させて歌うのって、かなりすごいのではと思わされます。
 
 そして今回は自分が見た定期公演の中では、MC時間が比較的長かったです。そして4人のトークが奔放なことは分かっていましたが、今回の長めのトークで破壊的とも表現したくなる(でもおもしろさは伝わる)世界は改めてすごい、、でも理解しきるにはまだ自分には修行が足りないと思いました。断片的に覚えていることを書くと、、
 
寺口「私の友達とかですごいかわいい子がいる。知り合いでいるのが申し訳ない。」
山崎「分かるー!(寺口の友達の知り合いじゃないはずなのに、きっぱりとしたリアクション)」
風間「私たち、みんなかわいいよ。自信もっていこう。」
神「かわいいとかかわいくないとか話するのあんまり好きじゃない。」
 
(勉強の話題になって)
寺口「勉強しない。する必要あるの?」
神「なっちゃんはもともと勉強できるから。玲ちゃんが全然勉強しない。」
風間「…(うん、しないと無言でアピール)。」
(そこからやんやと話す中)
神「勉強するとかしないとか話するのあんまり好きじゃない。」
 
(風間が髪型を迷っていてやんやと話す中)
寺口「私、白髪生えてることがあるのー。今日もあってまなちゃんに抜いてもらったー。」
山崎「抜いたー。ぴって。」
寺口「最初、玲ちゃんに頼んだのに断られた。」
山崎「うん、私が抜いたー。ぴって。」
風間「なんか人の体傷つけるみたいでイヤ。」 

 
 みたいなことを(文字起こしではないので、この文通りには話してません)。文にしてもおもしろさが伝わらないかと思いますが、こういったような会話を絶妙な間とトーンで話すので、会場内に笑いが結構起きてました。特に山崎と寺口の話し方と間は、笑いを呼び起こす要素が多分にありと思いました。
 
 おまけの話です。
 
 

続きを読む >>
author:de nudge, category:live(CreAto), 06:29
comments(0), -
2017/05/20 モーニング娘。'17 at 相模女子大学グリーンホール 大ホール

 前述のお昼のライブ終了後、電車乗り継いで神奈川県の相模大野に移動。前述のJuice=Juiceと同じくハロープロジェクト所属のモーニング娘。'17の春ツアーに参加しました。1日2回公演の2回目に参加。相模大野は初めて来ました。隣駅の町田はちょっとだけ住んでいたことがあったのですが、こちらは訪れたことが無かったです。サッカーのJ3に所属するSC相模原の旗があちこちに。町田はJ2のサッカーチームがあるので、隣町同士でサッカーチーム抱えてるんだな、と。同じカテゴリーになったら試合は熱いものになりそう。
 
 先週は譜久村聖、小田さくら、工藤遥と立て続けに季節外れのインフルエンザに感染、岡山公演は中止・延期に追い込まれたそうですが、この日は無事復帰して13人全員揃いました。その13人のフォーメーションが次々変わるダンスは圧巻。個々のメンバーの歌やダンスのレベルは様々なのですが、そういったメンバーがチーム一体となって表現するような味わいは随一のものがありますね。見ててワクワクするような場面が多々ありました。春ツアー参加は2回目で前回書いていないところ中心に感想を。
 
 

続きを読む >>
author:de nudge, category:live(Othersホール), 06:50
comments(0), -
2017/05/20 Juice=Juice at ディファ有明

 この週末は主にアイドル関連のライブをはしご。まず土曜お昼にハロープロジェクト所属の5人組アイドルグループJuice=Juice。シングル「地団駄ダンス/Feel!感じるよ」のシリアルイベント(シングル買うと付いてくる応募券で抽選に申し込んで当たると無料で行けるイベント)。3回ある内の1回目に申し込んで当たって行ってきました。500人くらいのお客さん。宮崎由加、金澤朋子、高木紗友希の年上3人がポニーテール。宮本佳林、植村あかりの年下2人は髪を降ろして大人っぽく見せていました。高木はハロコンとかで時々見せる、前髪あげてのおでこばっちし見せる髪型でした。
 
 35分ほどで8曲。MCも名前名乗る自己紹介のみ。他のハロープロジェクトのシリアルイベントはゲームコーナーあったりして曲少な目ですが、Juice=Juiceはがっつりライブ。(CD買ってはいるものの)無料でここまでしっかりとライブ楽しめるイベントってすごいですね。ライブに自信持っているんだろうな、という姿勢伺えて好感でした。
 
 新曲2つに「Goal〜明日はあっちだよ〜」以外は今行っているホールツアーで歌っていない曲ばかりを入れてきました。これも結構すごい。久々にやる曲もあったようでちょっとだけダンスのミスもあったりしましたが歌はしっかり。メロン記念日のカバー「香水」も久々に聞きました。大人っぽい歌詞の歌なので宮崎と金澤にソロパートが多く、1番では高木が、2番では宮本と植村がハモリを担当する場面もあったりする歌割りもおもしろい。全員歌しっかり歌える上に個性ある声が揃うのでいろんな組み合わせで聞かせられるの良いですね。
 
 「チクタク 私の旬」はちょっぴり久々。サビでの肩を左左右右左右と2回、1回ずつ左右に揺らすダンスがかわいらしくて楽しい。ラストは幸せ感溢れる「Wonderful World」でした。今のところのJuice=Juiceの代表曲になるのかな、と思いますが、もっと決定打となるような曲が今後生まれればなーと思います。いろんな曲を歌いこなし、どの曲も魅力的に聞かせることができる彼女達ですが、この1曲でお客全員がぐわーっとうねりをあげて反応するようなカタルシスある曲(モーニング娘。の「わがまま 気のまま 愛のジョーク」とかアンジュルムの「大器晩成」など)があれば、なお良いなーと。その曲中心にライブできれば、他の曲も一層映えてくるんじゃないかなーと。

 

author:de nudge, category:live(ディファ有明), 08:03
comments(0), -
2017/05/17 Tim Hecker at 渋谷WWW X

 カナダ出身の電子音楽家Tim Heckerのライブ。初めて見ます。今回は事前に会場内にスモークを炊いた中で行われるという予告がされていました。開場に時間かかっていて、ライブ開始前の15分前に入場開始。場内に入ると大量のスモークでもくもく、2,3メートル先が見えない状態。こういった中でライブ見るの初めてです。ステージ前方には横一杯に照明器具が並べられ、その後ろに演奏機材が置かれています。
 
 15分過ぎからライブ開始。ステージも暗い中で行われるのでTim Heckerの姿はほとんど見えません。1時間ほどのノンストップのライブは会場の雰囲気と電子音から放たれる強烈さ、深遠さなど刺激的な空間になっていました。音そのものは飛行機が離着陸する時のような不穏な音を拡大化させたようなもの。ライブ開始時は両脇にあるスピーカーからは音を出さず、ステージにあるスピーカーからのみの音出しでじわじわとした立ち上げ。それが徐々に両脇のスピーカーから音を出して迫力ある展開になります。低音が強烈で体がビリビリしたりする体験もひさびさ。その後もステージにあるスピーカーと両脇にあるスピーカー間での音の移り変わりを入れてきて、起伏ある展開を持たせていました。
 
 親しみやすいフレーズや明確なリズムはほとんど無し、ノイズやアンビエント要素あるのかもしれませんが、ストイックに作り込んだ抽象音を重ねている印象が何より強烈で、想像がもくもくと書き立てられました。1時間のライブの音の変化で自分が受け止めたストーリーみたいなものを妄想全開で書き連ねます。
 
 真夜中の港から出発する大型船。暗やみの中で不安を呼び起こすような船の音。天候も悪く出発しても全く先が見えない。船から出される不穏な音以外にも、豪雨、雷、荒れた波を思い起こすような音が暗やみの中にうごめくように重なります。会場内のスモークは船がどこへ進むか見いだせない、絶望感を持って進んでいるかのよう。ステージ前方にある照明が淡い光を時折放ちますが、その光だけでは進むべき道が見つからないかのよう。
 
 中盤でメランコリックな音が出て来ます。断片的ながらビートも織り込まれるようになって、そこから船の進むべき道を見出したかのような印象になってきます。船から出るような不穏な音はそのままですが、そこに変化を付けた音が織り込まれるようになります。不安なままではあるが、希望が少しずつ出てきたかのような。そして終盤やわらかいメロディとリズムが出てきて、ステージ前にある照明が一斉に客席後方上方へ淡い光を放ち明滅を繰り返します。それは船が進むべき航路をはっきりと見出したような印象を受けました。
 
 船から出るような不穏な音は持続したままですが、希望がどんどんと満ちてくるような音の方が徐々に強くなります。天候も徐々に良くなってきて、そして夜が明けて来るかのような。そして早朝穏やかな港に無事辿り着いたような落ち着いた音を持ってきたところでライブが終了しました。会場暗いままTim Heckerはステージ前方に出てきて挨拶して喝さいを浴びて終了しました。特別感あるライブを堪能しました。

 

 

author:de nudge, category:live(渋谷WWW,WWW X), 08:22
comments(0), -