RSS | ATOM | SEARCH
2018/04/13 Buffalo Daughter at 代官山 晴れたら空に豆まいて

 3年ぶりに見るギター、ベース/キーボード、ターンテーブルの3人組。彼女達にとっても久々のライブとなるようで、1年ぶりとか。今年活動25周年ということで、秋に向けていろいろやっていくようで、その景気づけ的なライブとなるよう。数年前からターンテーブルの山本ムーグは健康上の問題で欠席しており、この日も欠席。ただ新たなアーチスト写真撮りや音源製作(この日おまけ予約していたお客さんに音源入りカセットテープが配られた)には参加しているので、復活までもうちょいのよう。
 
 お馴染みサポートのドラム松下敦(Zazen Boys)、そしてデラウェアというバンドの奥村建という若い男性がPC等機械(山本ムーグが出している音担当)で加わります。そしてこの日のゲストということで半分くらいの時間で中原昌也という機械使ってのノイズ出しする方が加わりました。アンコール含め2時間ほどのライブは、もう圧巻、Buffalo Daughter本当すごいと随所で思わされるライブでした。
 
 ギター、ベース/キーボード、ドラムから出されるミニマルなリフ、ビートのカッコよさ、気持ちよさがそこかしこに溢れ、そこに曲によってパンク、ブルース、テクノ、ちょいかわいいポップ感などが織り込まれます。曲によりメインボーカルを分けるギターのシュガー吉永、ベース/キーボードの大野由美子も個性発揮。浮遊感ある大野の切なげな声、その大野に厚みを加えるような同じトーンのボーカル、低音のハモリ担当、ソロではもろパンク調な歌声を出したりと多彩な声を出す吉永のボーカルも聞き入ります。
 
 2曲目にやった「Gravity」なんてとにかく最高。ふわっと雲に乗るような高音とベコベコしたベース音の組み合わせに各楽器のミニマルなビートが重なり、そこに大野と吉永のハモリ声が重なって、そのまま一定のリズムで続くと思いきやドカドカとしたドラムが入ってメリハリ付けていく展開はしびれます。一定のリフをいつまで続けていくのかは、バンドメンバーの合図でやっているよう。1年ぶりということで多少息が合わない曲もあり「いつもより終わるの早くない?もっとギターソロとか入れたかったのにー。」とシュガーさんご立腹な場面も。長めの曲で展開が変わるのをアイコンタクトでやっているってすごいなと、聞く分には予め決められたような演奏に聞こえます。
 
 中盤で中原昌也が登場。ここからセッション的なライブになります。大きな機械を使ってあれやこれやノイズ出しする中原に寄り添うように断片的な音を出したり、そこから外れて明確なビートを入れる展開を繰り返します。ビートがある中でのノイズの乗っかり具合も良い感じ。いろいろな波があり、そしてビートレスで各楽器のノイズ音が高まってきたところで、大野の弾くムーグと松下のドラムが雷を起こすような怒涛のリフを入れてきます。「Autobacs」です。ここの瞬間は頭沸騰しましたね、めちゃくちゃかっこよい。すげーっと思いつつ、この空間にこれだけの爆音を浴びる快感も感じることができました。
 
 中原のノイズが入った「Autobacs」はいつも以上に暴力的、というか狂気入った印象の曲となり、堪能しまくり。お客の熱も上昇していく感ありました。その後もあれこれと曲を繰り出して中原は一旦退場。Buffalo Daughterのみで数曲やった後、アンコールラストの「Two Two」で中原は再び加わって(演奏の途中から入ってくる)ノイズあれこれと繰り出していました。
 
 Buffalo Daughterの曲全部知っているわけではないのですが、「Autobacs」以外は定番曲を外してきた印象。他に「Bird Song」「All Power To The Imagination」辺りをやっていたでしょうか。新曲も撮っているようで、音源も楽しみにしたいですね。

 
 

author:de nudge, category:live(月見ル君想フ、晴れたら空に豆まいて、山羊に聞く?), 09:38
comments(0), -
2018/04/08 ジェフユナイテッド千葉 at ツエーゲン金沢

 北陸旅行2日目。前回書いた福井のライブ見た後、そのまま福井に宿泊。翌朝金沢へ向かいます。前日は観光地向けの兼六園口に出て出歩きましたが、この日は逆側の金沢港口へ。こちらは観光地要素全く無いオフィス街。道をまっすぐ歩いて金沢港を目指します。この日も天候不順で時には雹(ひょう)がパラパラと。休憩もはさみつつ、住宅街や立派な建物の県庁などを見つつ、金沢港到着。ちょっとだけ日本海見て、そこから南西方面に向かって、石川県西部緑地公園陸上競技場を目指します。
 
 野球場や変わった(屋根が斜めになっている)大きな体育館などがある広い公園。その中にある陸上競技場は、J2に所属するツエーゲン金沢の本拠地。そこで自分の応援するジェフ千葉との試合があったので見に行きました。試合開始前には雨も上がって良い状態で観戦できそう(と、途中まで思ってました)。
 
 かつてジュビロ磐田などを率いたこともある柳下監督の金沢は中盤が台形のシンプルな4-4-2。千葉は試合によりフォーメーション変えてますが、この日は金沢と同じく4-4-2でした。左サイドバックにけが人続出しているためか、いつもは右サイドバックの溝渕を左に持ってきました。右サイドバックは溝渕とレギュラー争う山本が担当。
 
 前半は試合開始直後は金沢のプレスがはまりチャンスを多く作ります。慣れないポジションのせいか溝渕の足元がおぼつかなく、パスミスを連発。金沢はボール奪うとシンプルに縦に攻め込んでゴールにせまります。GKは今季初めて佐藤優也が先発し、高身長生かしてのセービングでゴールを奪わせません。千葉のボールさばきが落ち着いてくると、前線のFW船山が幅広く動いて、ボールを受けてチャンスを作り出します。サイドからのセンタリングはいくつかありますが、ミドルシュートが無く、あまり得点の予感は無いまま前半終了。
 
 前半終了直後に、とんでもない量の霙(みぞれ)が降り注ぎます。これはびっくりしました。元々肌寒いのがさらに冷え込むわ濡れるわで、おおわらわ。ハーフタイムショーということで、ツエーゲン金沢のマスコットと平畠啓史(元DonDokoDon。J2関連番組に多く出演していいる)が、ちょっとしたコントみたいなことやってましたが、正直見ていられる状態ではなくお気の毒でした。
 
 その状態のまま後半開始。天候ががらっと変わった隙をついて千葉が先制します。キックオフ直後にFW2人を前線中央に走り込ませて、そこにふわっとしたパスを後方から送り込みます。FWラリベイが胸でFW船山につないで、船山は右MF町田にツータッチではたきます。町田は中央にワンタッチでグラウンダーのパス、それをペナルティエリアに走り込んだ船山がノートラップでシュートをズバリと決めます。
 
 ただ、このまま勢いに乗れない、試合の進め方も単調なのが千葉。霙のせいで足元が悪いのに、前半と同じように守備ラインでボールを細かにつないでいたところを金沢につかれます。FW陣のプレッシングが激しくなり、千葉のセンターバック鳥海を金沢のFW垣田が詰めてパスカットしたボールがそのままゴールに吸い込まれて同点。前半鳥海は見事なボールさばきを多々見せる場面があって、本人も自信持っているんだろうな、と思わされましたがグラウンド状態の変化に対応できていませんでした。また油断もあったように見えます。
 
 逆転に追いつかれたプレーも守備ラインでボール回しして左サイドバック溝渕が足滑らして、金沢右MF清原がボールを奪い、FW垣田が拾って、前線に走り込んだ清原にスルーパス、それを清原が決めたものです。この辺から雹も無くなって晴れ間が見えてきます。千葉は交替選手を送り込んで何とか攻め込もうとしますが、全くゴールの予感がしないような攻め方で逆に金沢に長いカウンターを食らってしまい、FWマラニョンに追加点決められます。
 
 千葉は完敗でした。金沢の機を見たプレッシングに全く対応できていない、試合通して単調な攻めと、油断してしまう時があるボールさばき、そして前シーズンと比べて中盤のボールの奪えなさが気になります。この日途中交替させられたボランチ熊谷も運動量自体はあると思うのですが、1対1でボールがほとんど奪えていません。右MFの町田も同じくで、前シーズンはもっとボール奪えていたように思えるのですが、どうしちゃったんでしょう、と。
 
 金沢は選手間の間隔も適切で、複数選手で取り囲んでボール奪えていましたし、カウンターの攻め方も約束事がいくつかあって、それを忠実に実行できているんだろうな、というボールの繋げ方ができていました。運動量豊富なFW2人も良いですし、左サイドバック沼田のテクニックも随所に見せつつ、攻守に奮闘する動きが印象に残りました。
 
 千葉は今シーズンここまでいろんな選手を試し、いろんなフォーメーションを試してきましたが、あまりうまく行っていません。かなりピンチな状態だと思います。先制点挙げた時に監督、コーチ、控えの選手一体で喜び合っている様子を見ると、チーム全体の雰囲気はとても良いように見えるので、やれるとすると戦術面の変化でしょうかね。相手チームの戦術、グラウンド状態や審判の判定基準など考慮した試合の進め方を考えて、時には試合中に戦術を変えられるようにならないと、勝ちには結びつかないかなー、と。ショートパス回してのサイド攻撃も時にはやめてしまって、前線にロングパス通すことに切り替えてしまうことがあっても良いような。この日FW船山が相当良い動きをしていて、中盤選手は一旦引いて彼を縦横無尽に動かしてボールつなぐことをもっとやっても良いように思えたので。
 
 ともあれこの日は太陽の偉大さを改めて知った日でした。後半のあの天気の崩れ方はなんだったんだろう、と。帰りは晴れたので徒歩で遠回り気味に金沢駅に戻り、ごはん食べて東京へ戻りました。この週末はめちゃくちゃ歩きましたね。先週を大きく上回る、2日間で7万5千歩でした。
 

author:de nudge, category:Jリーグ, 12:52
comments(0), -
2018/04/07 Juice=Juice at 福井 響のホール

 前述の金沢での野外ライブを見終わった後、バスで金沢駅に移動。金沢駅から特急に乗って50分弱で福井駅に到着。そこから歩いて3分ほどのビルに向かいます。お馴染みハロープロジェクト所属の7人組アイドルグループJuice=Juiceのライブツアー。くしくも同じ単語を2回続けるグループのライブのはしごとなりました。このツアーのライブは2月に続いて見ます。3月のほとんどが中断期間(恐らく当初この期間にシングル発売を予定していて、それ関連のイベントを入れるためだったと思われます。シングルは4月発売になりました)で、この週末は1ヶ月ぶりの再開となったよう。1日2回公演の2回目に参加しました。
 
 変わったホールで1階部分は椅子席モードとスタンディングモードを使い分けできて、この日はスタンディングモード。1階の両脇にはいくつか椅子席を残しています。傾斜があるので座っても見れるよう。自分は椅子席のみの2階から見下ろすように見ます。ライブハウスでチケット売り切れの満杯なのに視界良好でめちゃ見やすい。先週、ウイルス性胃腸炎で仕事を休んでいた金澤朋子も4日ほど前から仕事復帰してこの週末のライブも全面参加。めでたく7人揃ったフルセットライブとなりました。アンコール含め1時間半ほどのライブの感想を。
 
 2月に見たライブとセットはほとんど同じ。4曲目に4月発売シングルから「Vivid Midnight」を入れてきたのが違う点でしょうか。カラッとした明るめのポップスで、サビの「くううう」と伸ばすところがかわいさあふれてる感じ。アレンジも今までのJuice=Juiceには無いタイプで新鮮に聞けます。他はライブ鉄板曲並びます。爽快感あるライブで何度見てもJuice=Juiceのライブは本当楽しい。
 
 以前のライブからやっている未発表曲もいくつかあって、それらがシングル曲に選ばれないのもどうしてなんだろうとか思いながらライブ見てました。ライブ鉄板曲とシングル曲は別ってのは、アイドルに限らずやっていることではあるのですが、「Never Never Surrender」とかシングルでも良いのになーと思ったり。高らかに鳴るバグパイプの音からスタートして、跳ねるリズム、親しみのあるメロディ、覚えやすいサビの手の振り、終盤高木紗友希のフェイクで聞かせる所とか、引っ掛かりのある要素てんこ盛りで聞いていて楽しい曲です。
 
 自己紹介的な曲の「GIRLS BE AMBITIOUS」は、歌っていないメンバーがステージ後方で自由度高く振舞うのですが、このライブでは宮本佳林と植村あかりの2人が両脇から金澤の腰かお尻の辺りをつついていました。宮本は他の曲でも何回か金澤にちょっかい出していて、少年が好きな女の子にからんでいく姿ってな風に見えたり。
 
 MCで覚えていることを。リーダーの宮崎由加は梁川奈々美を溺愛していて、曲踊っている最中に金澤と向かい合わせになる場面にも関わらず梁川をじっと見てしまうと。それ聞いた梁川が、「その場面で宮崎さん見てたら本当に目が合いました。」と。メンバー全員に対してママモードになることがある宮崎ですが、その中でもひと際な愛情の注ぎ方をしているようで。
 
 植村がアンコールのMCで「『Magic of Love』でステージ後方から斜め前に(高木)紗友希がいて、すんごい張り切って両足広げてジャンプしてびっくりした。すごい楽しそうだった。」と高木いじり。それ聞いた高木は恥ずかしがっていました。「とにかくすごい楽しそうだった。あれだけ両足広げてジャンプするなんて。」と植村は無邪気に言いますが、若干追い打ちかけていたような。植村がメンバーをいじってる感出すの珍しいなと、楽しいMCでした。
 
 この会場でJuice=Juiceがライブやるの3年ぶりだそうで、高木は「楽屋の席に座った時に、あーここ前来た時も座ったなー。」と言ったら「そうでしたよねー。」と梁川は言ったそう。「でもあなた3年前はメンバーじゃなかったでしょう。知っているわけないじゃん。」とツッコミ。それ聞いた宮崎が「やなちゃんが言うんだから、きっとそうなんだよ。」と無茶なフォロー。梁川はカントリー・ガールズのライブでこの会場に来たことあるようなので、記憶ごっちゃになってるんじゃないですかね。
 
 段原瑠々は「久々のライブで筋肉痛になった。私は若いのでその日に筋肉痛になった。」と、ちょいお姉さんたちに挑戦的なコメントしていました。でも段原はそうゆうことを意図して言ったわけではなく、ほんわかしたトーンでまっすぐに語っていました。他のメンバーはニコニコ聞いて受け止めていましたが、モーニング娘。'18だったら「ちょっとちょっとー」とからんでいくメンバーがいて、そこから茶番が繰り広げていただろうなと。段原のほんわかした語り口調は癒されて良い感じですが、もう一つ別の味、笑いに結び付くような展開があるとさらに良いかなと思ったり。この辺もまた慣れてきていろんな面を見せると、他メンバーの接し方にも変化出てきて、いろんなリアクションが取れるようになるかなと。
 

author:de nudge, category:live(Othersホール), 21:46
comments(0), -
2018/04/07 ハンバート ハンバート at 金沢 春ららら市 2018

 この週末は北陸旅行。元々次のブログで書く福井のライブを見に行くことを決めていて、前後になんかイベント無いかなと探していたら、お隣の石川県金沢にちょうど良いイベントが土日1個ずつあったので、金沢メインで過ごすことにしました。まずは土曜日昼過ぎ、金沢城跡と兼六園と金沢21世紀美術館に囲まれた広場で開かれた、マーケットの中で行われたライブを見に行きました。
 
 朝10時くらいに金沢到着。犀川、卯辰山、兼六園、金沢城跡などを散歩します。時折雨が降る天気で、春なのに寒い。桜満開なことを期待していますが、散っていく時期でした。それでも風情あり、これはこれで良い感じ。いろいろ回った後で広場に到着。芝生に白で統一されたテントの屋台にいろいろな手作り製品や食べ物が売られています。周りの景色に合うように上品な感じのマーケット。その中のイベント会場でいくつかライブが行われていて、この日のトリが14時半から登場したハンバートハンバートでした。たくさんの人が集まります。ライブスタート時期には雨も上がりました。
 
 女性ボーカル、男性ギター/ボーカルの2人ユニットであるハンバート ハンバート登場。お馴染みライブスタート前の軽いMCから始まり、つかみの歌「いついつまでも(ミサワホームのCMソング)」「結婚しようよ(吉田拓郎のカバー)」を続けた後はしっとりと聞かせる「横顔しか知らない」「おなじ話」で、良いメロディと歌声を堪能。軽妙なMCと合わせてあったかな空間を築きます。後半は比較的盛り上げ曲をMC無しで次々と繰り出すのですが、この辺りから雷がゴロゴロと鳴り、霙やら雨やらが降り出します。悪コンディションにもめげることなく、「無理しないで聞いてねー」と呼びかけつつ、「がんばれ兄ちゃん」「国語」「おいらの船」をギターとハーモニカのみの演奏と歌で盛り上げて聞かせます。お客もコールしたりと初見のお客さんだけでなく常連客もたくさんいるよう。
 
 本編ラストは佐藤良成がアコースティックギターからバイオリンに持ち替えて「ホンマツテントウ虫」を。佐藤が足のベダルでバスドラのような音を鳴らしたり、佐野遊穂が鈴を鳴らして、お客の手拍子を呼び込み、そこにユニークなダンスも入れ込みます。佐野と佐藤が前後に並んで体を斜めにして顔を覗かせたポーズをしたり、もも上げしながらバイオリン弾いたり歌ったりと。雨降る中多くの喝さいを浴びて退場しますが、アンコールの声に応えてもう1曲歌います。その曲失念しちゃいましたが、佐藤がギター弾きながらバイオリン持ち出して途中でそちらを弾きだすなんて器用なことやりながら、佐野のハーモニカと交互で音を鳴らすなんてことやって盛り上げます。途中雨という天候の崩れありながら、45分ほどのライブ堪能できて良かったなーと。MCで覚えていることを。
 
 前日、前々日は金沢で単独ライブやっているそうで、今日が滞在3日目とか。春ららら市の出演も過去何回かあるようで「もうすっかり金沢人」と。今回3日過ごした中のエピソードを語ります。佐藤はのどがかわいたのでコンビニに水を買いに行こうと外を出歩くと、飲み屋からボブディランの曲が聞こえてきて、ボブディラン好きな佐藤は(そういえばボブディランもハンバートハンバートも今年のフジロック出ますね)興味惹かれ、そのお店に入ってみることに。入ったら店員さん1人と女性客1人しかいなく、まあいいかと座ったら聞こえてくるのはハードロックであれ?と。店員さんと話ししていたら、ボブディランかけていたのは隣の店だったとか。しかも女性客はほどなく帰ってしまい、客は自分1人になって「帰りずらい雰囲気」に。「でも帰りましたけど。」と。
 
 佐野はハーモニカを何個か台に置いていて、曲によって使い分けるのだそうてすが、「時々使うハーモニカを間違える」と。間違えた時の「プロの振る舞い」を伝授していました。いわく「間違えたと表情が出ないようにして、そのままさっと台に戻す。」と。「その前にプロなら間違えないよね。」と佐藤のツッコミ。
 
 佐藤は子供の頃からの物が捨てられない性格で「サンバルカン(戦隊もの)のハンカチとか未だに持ってる。」のだそう。その中で佐野が捨てたがっている(佐藤と佐野は夫婦)のが、「マンガ日本昔話。何十巻もあるから、結構邪魔。でも捨てたくない。あの頃の漫画で覚えているから卑弥呼や徳川家康の顔はもうそれ以外にはありえない。」のだそう。なので、「歴史って新しい発見とかあるからどんどん変わってるでしょう。子供にそれ見せても間違ったこと覚えちゃうことになる。」と佐野がごもっともな意見を言っても、「そうなんだけど、捨てられないんだよねー。」と、佐藤。
 
 

author:de nudge, category:live(Others野外), 22:42
comments(0), -
2018/04/01 Hello! Project ひなフェス 2018 at パシフィコ横浜展示ホール

 毎年この時期に行っているひなフェスというタイトルの、ハロープロジェクトに所属するアイドルメンバー勢ぞろいのライブを見に行きました。2日間やる内の2日目。お昼と夕方2回公演あって、お昼の公演行きました。それぞれ主役を置いた回が設定されていて、この回はアンジュルムとJuice=Juiceの2組が主役。今年こそJuice=Juice単独で主役公演あるかなーとちょっとだけ期待していたのですが、初日はハロプロ20周年記念ということでOG主役の公演となりました。2日目は現役のみの公演。
 
 毎度ステージレイアウトを変えてくるひなフェスですが、今年はデジタルな8の形が横になったようなステージセットが組まれ(去年は縦の8だった)、その内側と外側にそれぞれ客席があるような配置。自分はEブロックという外側から見る客席から見ました。Juice=Juiceの金澤朋子はウイルス性胃腸炎にかかってお休み。2時間15分ほどのコンサートで覚えていることを。長くなったので続きで。
 

続きを読む >>
author:de nudge, category:festival(ひなフェス), 23:51
comments(0), -