RSS | ATOM | SEARCH
2019/10/13 テレビ朝日ドリームフェスティバル at 幕張メッセ

 4年ぶり2回目に参加するテレビ朝日が主催する屋内フェス。3日間行われる2日目の参加。初日は大きな台風が直撃ということで中止。この日も交通機関の乱れ等考慮して1時間遅らせての開催となりました。前日家でじっとしてこの日の昼過ぎ外に出たら街にはたくさんの人。みんな開放された気になっているんでしょうか。全国各地被害にあった地域が多くありますが、無事なところは経済回すべく元気に外出るのいいことですね。多くの店も通常営業していて、力強いなーと。
 
 幕張メッセ9〜11ホール使って1万5千人もの客席用意しての規模。めちゃくちゃたくさんのお客さん集まっていますが、台風直後ということで来れない人も結構いるのか空席目立ちました。それでもこの規模となると盛況といった感ありますね。自分は比較的前目、センターステージと同じラインで前が通路、しかも途中まで両隣に人がいなかったので、快適に見れました。
 
 タイムテーブルは未発表のまま、次に出てくる出演者は分からない形式。10〜15分くらいの休憩をはさんで(スタート遅れもあっていつもより縮めたそう)、40分のライブがさくさくと進みます。見たのは順に、


 BOYS AND MEN→モーニング娘。'19→FANTASTICS from EXILE TRIBE→きゃりーぱみゅぱみゅ→ジェジュン
でした。トリのGENERATIONS from EXILE TRIBEは見ずに帰宅(翌日仕事で朝早い、お疲れモード、同系統のFANTASTICS見れて満足、GENERATIONSは以前Summer Sonicで見たことあるし、などの理由から)。お客さんの大半はEXILE系2組とジェジュンのファンに占められているようで、若干の肩身の狭さはありましたが、どのアクトも楽しみました。音楽的につぼに入るような要素が無いアーティストもあったのですが、どのアクトもメジャーところにいることが分かるエンターテインメント抜群なライブでした。感想を。
 
 

続きを読む >>
author:de nudge, category:festival(Others室内), 09:45
comments(0), -
2019/09/29 よゐこ at 東京・シアターサンモール

 前述昼のイベント見た後、半蔵門から新宿へ移動。新宿御苑近くにある300人ほど入る劇場に向かいます。初めて入る会場。ここでお笑いコンビよゐこのネタライブを見に来ました。3日間4回公演。この日2回公演の2回目、最終回の公演を見ました。彼らが「王様のブランチ」に出てる時このライブの宣伝していてチケットぴあ確認したら、この回だけまだあったので取ってみることに。
 
 2時間で8本くらいのネタをやります。ネタによっては同じ事務所に所属する若手も入って見せます。合間にちょっとしたVTRを挟んだりしていました。何本かはファンからコントの設定を募集して、それをネタとして仕上げて見せるという趣向。よゐこのネタはそれほど見たことなく、シュールさあるものなのかな、くらいのイメージに思っていました。シュールさもちょいありつつ、全般的にはリズミカル、同じことを少しずつ変えていきながら笑いを取っていくループしていくようなネタが多く、いい感じに笑えましたね。かなり好みなお笑いの世界と演技で、今まで見たこういった形式の単独ネタライブでは一番かも、と思ってしまいました。
 
 2人とも長セリフもこなしつつ、笑い取る間も良くて、特に濱口優はテレビで見せる印象とはちょっとだけ違う、コントならではのゴリゴリなお笑いのプロってな印象(と褒めるの留めたくなるようなネタもありましたが…)を持ちました。有野もテレビで見せるひょうひょうとした感じを見せつつ、ツッコミとボケ自在に切り替え、長セリフも滔々としゃべっていたりと濱口とよいコンビネーションでやり取りしてました。
 
 以下、ネタの内容含めた感想を。
 
 

続きを読む >>
author:de nudge, category:舞台・お笑い, 13:26
comments(0), -
2019/09/29 sora tob sakana at TOKYO FM HALL

 この日は昼と夜でイベントのはしご。まずお昼は、前日に18歳の誕生日を迎えた神風花の生誕祭イベント。TOKYO FMのあるビルの1階にある会場。前日皇居ジョギングでここのビル地下1階のランニングステーションを利用しているので、2日間連続でこのビルに訪れたことになります。
 
 毎度主役となるメンバーのやりたい企画を行うというイベントで、今回は神が「2年くらい前からやりたかった」というsora tob sakanaの人気曲を決めようという企画。チケット申し込む時にあなたの好きな5曲を書いてねということで参加者からアンケート取って、1曲1点で集計。それをベスト10で発表して歌っていくという形式。また会場には投票箱があって、ベスト3位を予想するという投票を募っていました。当たったらプレゼントがあるそう。
 
 メンバー登場して、それらの趣旨説明。そしてメンバー自身もこれから発表されるベスト10がなにか全く知らないということで、ベスト3を予想していました。誰が何をってところは忘れちゃったのであいまいなまま書きますが、寺口夏花は「当てに行った」という初期曲メイン「夜空を全部」「クラウチングスタート」「夜間飛行」、山崎愛は「これしか思いつかなかった。」と「World Flagment」など最近の曲多めで挙げていました。神はその中間といったところで「秘密」などを挙げていました。
 
 ベスト10は10位から順に発表。メンバー知らない状態でトラックが流れていくので、メンバーも次なに来るか身構えて臨みます。これが思わぬおもしろさがありました。先にベスト10を書いていくと、
 
 10位:「Brand New Blue」
  9位:「アルファルド」
  8位:「魔法の言葉」
  7位:「夜間飛行」
  6位:「ribbon」
  5位:「クラウチングスタート」
  4位:「秘密」
  3位:「広告の街」
  2位:「Lighthouse」
  1位:「夜空を全部」
 
 でした。イントロで「あーこれか」となる曲もあれば、「あれ、これなんだっけ」とすぐ曲がわからないものもあります。分かりやすいほどパニックになるオサカナさん達のリアクションがめちゃんこおもしろい。特に今年5月に風間玲マライカが卒業して3人になってからまだやっていない「アルファルド」は面白すぎでした。イントロ流れてから一瞬何コレとなりますが「アルファルド」と分かり、「玲ちゃんパートどうしよう。」と神がつぶやきます。(イントロ流れている中で)じゃんけんで決めることに。結果、神が風間パート歌うことで進むのですが、しばらくやっていない、かつ3人になって立ち位置も決めていないということでメタメタに。固まる寺口、諦める山崎など一個一個のリアクションが面白すぎで本来うっとりと聞くような曲なのに、爆笑しながら聞かせてもらいました。
 
 この日は誕生日グッズの黄色いロングTシャツと膝丈の黒のジャージを身に着けていたので、リハーサルを生で見ている感あって、それも新鮮でした。1位の曲は何?でもどうせ「夜空を全部」なんでしょう。といったことを言ってしまう中、最初流れたインストは全然違うもの。バースデーソングでした。「ハッピバースデー」山崎がステージ袖からケーキ持ってきて、寺口とバースデーソング歌います。神だけ知らないサプライズ企画でした。そして案の定な「夜空を全部」が1位で締めとなりました。
 
 この曲だけスマフォによる動画撮影OKということで、「みんな広めてねー」と。なんか以前のライブでもこういった企画やっていたそうですが、素人の映像よりもちゃんと作り込まれたMVとかライブ映像広める方が良いんじゃないかなーと思ったり。自分も試しに撮ってみましたが、ぼやけてしまったりブレブレで公開できるしろものではありませんでした。。ただ個人的な思い出に浸るには最高なので、時折見返したいと思います。撮影化と宣言したにも関わらず「靴紐結び直す。」と言って、始めのインスト部分踊らずに靴紐直しちゃう山崎さんがいい感じ。
 
 ベスト3の1位〜3位までをぴったり当てたお客さんが一人だけいて、サイン入りチェキをもらっていました。メンバーは全員ハズレですが、一人だけスターバックスの新作がもらえる権利があるということでじゃんけんすることに。じゃんけんする前に寺口が「誕生日なんだし、風花でいいんじゃない?」と言えば、「そうゆうのいや。じゃんけんで決めよう。」と神が言って、じゃんけんを行うことになり勝った山崎が最初無邪気にやったーと喜んだ後で「マネージャーさん、全員にプレゼントしません?」と言ってしまう展開が、なんともやさしい世界で癒やされました。
 
 最後に自分が投票した5曲を書きます。
   「Lighthouse」「夜間飛行」「広告の街」「Moon Swimming Weekender」「ribbon」
 ちょい迷っちゃいましたね。気分で好きな曲は替わります。

 

 他にも
  「夜空を全部」「魔法の言葉」「アルファルド」「World Fragment」「tokyo sinewave」「嘘つきたちに暇はない」辺りも好きですし、最近改めて「Lightpool」かっこよいよなーと思ったりもしますし。いずれにしても好きな曲だらけのグループであります。

 

author:de nudge, category:live(TOKYO FM HALL), 07:31
comments(0), -
2019/09/28 Serph & DÉ DÉ MOUSE at 多摩六都科学館 プラネタリウムドーム

 ソロで活躍する電子音、ダンスものを手掛けるSerphとDÉ DÉ MOUSEがコンビを組んで音源を出す記念として組まれたそうなプラネタリウムでのライブ企画。以前からプラネタリウムでのライブを見たいと思っていて、加えてこの2人が出す音なら気持ち良さそうだなーと、このライブ知って速攻でチケット取りました。花小金井駅から徒歩20分(バスもあるけど本数少ない)、西東京市にある科学館でその中にあるプラネタリウムは都内最大だそうな。確かに大きい。最初徒歩で現場に行く時にあれ、こんなところからスカイツリーが見れるんだっけかと思ってたら、科学館の中にあって「スカイタワー西東京」という名前でスカイツリー以前からあるものだそう。これ目印に歩けば方向間違うことないですね。
 
 1日2回公演の2回目20時半からスタートのライブを見ました。後述のようにヘトヘトモードだったので、寝てしまうかも、、という懸念あって実際時折眠気来ることはありましたが、最初から最後まで聞き入り見入りました。2人が登場して5分ほど挨拶がてらトークします。DÉ DÉ MOUSEはいろいろな形態でのライブやDJでお馴染みですが、Serphは先月初めてソロライブ見て以来の2回目。その時は下半分マスクつけてましたが、この日は特に顔隠さず登場。最近顔隠すのをやめたそうで人前ではこの日が初めて素顔での登場のよう。と、口数少ないSerphに替わってDÉ DÉさんがそんな話をしていました。
 
 ライブスタート1時間10分ほどのライブは序盤は映像と音のシンクロ度合いはあまり感じなかったのですが、進むに従ってシンクロ度合いを感じるようになりました。2人は複数の機械、キーボード使っての音出し。曲から受けるイメージとしてはそれぞれ主導する曲が分かれていて、もう一人がサポート的に自分の音を加えるってなイメージが強かったです。シンフォニックさがあるSerph、オリエンタルな音とリズムの親しみやすさあるDÉ DÉ MOUSEと双方の魅力が噛み合って良い感じに聞けました。DÉ DÉ MOUSEのキーボード音も良いなと感じさせる場面もちょこちょことありました。
 
 上方に映し出される映像はいかにもなプラネタリウムで流れそうなものでした。森と大きな夜空の映像からスタート、ほどなく宇宙になっていって天の川、流れ星、地球、太陽、木星、土星などが次々と出てきます。それらがアップで流れたり、遠巻きで流れたり。土星の周りの輪っかはたくさんの小惑星がぐるぐる土星の引力+遠心力でぐるぐる回っているなんてやっていました。月は太陽に照らされて地球からはきれいに見えてるけど、単体そのものでは光っているわけではないので、表面ぼこぼこだし、あまり美しくないなんてことも改めて知れたり。星を切り取って中身を映したり、星同士の激突、様々な星に絵を当てはめて星座が分かるなんてこともやっていました。分かりやすいオリオン座以外は星座知らずへーっとなりました。結構たくさんの星を使って大きな絵を描いて、星座を形成しているんだなと。
 
 宇宙だけでなく、水平線に浮かぶ太陽、恐竜、森林の上に流れるオーロラ、深夜の学校に浮かぶ夜空、小さな部屋に置いてある大きな望遠鏡、飛行機、ロケットなどなど地球上の映像も多々。端っこにスカイタワー西東京の絵も出てきたり。こういった映像見たときの心境って気持ちよさもありながら、どこか居住まいを正したくなるものもあります。壮大さある映像と音楽を一体となって楽しめたライブは特別感あるものでめちゃ良かったです。
 
 余談です。昼間のお話。
 
 

続きを読む >>
author:de nudge, category:live(Others), 10:16
comments(0), -
2019/09/23 tricot 9周年企画 爆祭2019(-Vol.12-) at 渋谷O-EAST

 9周年を迎える女性ボーカル/ギター、女性ギター、女性ベース、男性ドラムの4人組tricot主催の対バンイベント。15時半から21時15分くらいの長丁場。O-EASTのメインステージと脇にあるサブステージ交互に7組出演します。10分の休憩をはさんで各組40分のライブを立て続けにやっていくのを見ます。途中の入退場可能ということで休憩がてら晩ごはん食べに行ってたので、全組は見ず以下の順番で5組見ました。
 
 Survive Said The Prophet→赤い公園→Tempalay→ayutthaya→tricot

 

 tricotが好きなバンドに声をかけて、全てのバンドが一発で快諾してくれたそう。各バンドが始まる前に毎回ステージにtricotメンバーが法被を着て登場。内一人が頭に巻いているはちまきを取って広げると次演奏するバンド名が書いていて、どうぞーと呼び込みます。かっこよい音楽やっていながら、こうしたほんわかしたユニークな振る舞いをするのが楽しくて良いです。順に感想を。
 
 

続きを読む >>
author:de nudge, category:live(duo,O-Group), 10:34
comments(0), -